レーシックの基礎が分かる入門サイト|レーシックの種類

レーシックの基礎が分かる入門サイト|レーシック@NAVI

レーシック@NAVI トップ > レーシックの種類

レーシックの種類~目の状態によっても違う!レーシックの代表的な手術方法を紹介~

レーシックと一言でいっても、使用する医療機器等の違いによってさまざまな手術の方法があるのをご存知ですか?
ここではレーシックの主な種類と、レーシック以外の視力矯正方法についてまとめましたので参考にしてください。

レーシック

レーシックは、エキシマレーザーにより角膜の屈折力を変え、焦点を整えることによって近視・遠視・乱視を矯正するものです。
角膜の厚さが一定の基準に達する人であれば受けることができ、適応できる屈折度数の範囲が広い、ほとんど痛みがない、視力の回復が早いなどの特長があります。
重度の乱視やドライアイの方、角膜の状態によっては手術が受けられない場合も有ります。

イントラレーシック

イントラレーシックではフラップ作成行程で、レーシックで用いるマイクロケラトームの代わりに最新のイントラレースレーザー使用する方法です。フラップ作成の手順をコンピュータ制御で行うため、より安全で手術の精度が高いといわれています。
フラップを薄く作成できるため、レーシックで対応できなかった重い近視の方でも手術が可能です。
一方、フラップの接着は表面張力によるため接着に時間がかかることがある、実施している医院がまだ少ないなどの問題もあります。

ラセック

フラップを作成する際に、アルコールを使用し柔らかくなった角膜上皮をめくる手術法です。レーシックよりも薄いフラップを作ることができるので、角膜が薄い場合や強度の近視、また格闘技など激しいスポーツをするような特別な方に向いている治療法と言えます。
薄いフラップを操作するため、医師の技術が大きく影響する手術法です。

PRK

レーシック以前から行われている近視矯正手術法です。角膜上皮を予め除去してから、レーザーの照射を行うものと、角膜上皮ごとレーザーを照射する2つの方法があります。フラップを作らないため、術後、フラップがずれる心配がありません。角膜が薄い場合、格闘技など激しいスポーツをするような特別な方に向いている治療法です。
手術後は治療用のコンタクトで患部の保護を行います。通常では3~4日、遅い場合は1週間程度装着している場合もあります。
視力回復に時間がかかる、手術後多少の痛みが残るなどの影響があります。

エピレーシック

フラップを作る際にエピケラトームという器具を用いる方法です。レーシックよりも薄いフラップを作ることができ、再生・回復しやすい角膜上皮の細胞を多く残すことができるので、眼球の強度がレーシックほどには低下しません。格闘技など激しいスポーツをするような特別な方に向いている治療法です。またアルコールを使用しないため、それに伴うリスクの心配がありません。
手術後は治療用のコンタクトレンズを数日~1週間程度装着する必要があり、痛みや、目を開けていられないほどの眩しさを感じる場合もあります。

通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質に切れ込みが残り、エピレーシックではボーマン膜が消失してしまいます。
どちらがよいかは専門家によって意見が分かれていますので、担当医とよく相談の上、手術方法を選択することになります。