レーシックの基礎が分かる入門サイト|レーシックと保険

レーシックの基礎が分かる入門サイト|レーシック@NAVI

レーシック@NAVI トップ > レーシックと保険

レーシックと保険~レーシック手術に保険は適用されるのか?~

医療保険

レーシックは自由診療である為、健康保険が適用されませんが、各保険会社で加入する生命保険や医療保険が適用になる場合があります。

レーザーによる眼球手術自体は、約款では「手術給付金」の支払い対象手術となっていますが、手術給付金の支払い対象手術は治療を直接の目的とした手術でなければならないため、視力回復のためのレーシック手術については扱いが微妙なところです。一般的には、メガネやコンタクトで視力の矯正が可能であり、そもそも近視が疾病にあたるのかということになります。
もっとも、レーシック手術が一般的になる以前は給付金は支払われていましたが、今日のように一般的になってからは保険会社ごと、またはその1件1件ごとに対応が分かれるようです。
ここ数年、約款の中に「レーシック手術を除く」と明記する保険会社も出てきましたが、そのような文言がない場合には適用される可能性が高いといえます。

レーシック手術を受ける前に、加入している保険会社に手術給付金の対象かどうか、いくら支給されるかなどについてあらかじめ確認しておく必要が有ります。

確定申告の医療費控除

医療費控除とは、1年間にかかった医療費全額から、保険会社からの給付金と10万円を引いた金額の医療費が税金の還付対象になる制度のことです。
本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。共働きの夫婦で妻が扶養家族から外れていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。
医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、レーシック手術を受けた際の領収書などは大切に保管しておいてください。